スクロール
news
2017.10.11 news

経営コンサルティング・企業再生のX-TANKと経営×広報・PRの支援強化に向けた協業をスタート

経営コンサルティング・企業再生に取り組むX-TANKコンサルティング株式会社(東京都港区、代表取締役CEO兼社長 伊藤嘉明、以下X-TANK)と、コミュニケーションデザインの戦略支援を行うStory Design house 株式会社(東京都中央区、代表取締役 隈元瞳子)は、企業の成長支援のための両社の経営と広報・PRに関する事業領域を強化するため、アライアンスパートナーとしての事業提携を行いました。

これまでグローバル企業で企業成長、事業再生に取り組んできたプロ経営者・伊藤嘉明氏が代表を務めるX-TANKと、スタートアップ企業や大企業の新規事業、老舗中小企業などでコミュニケーション戦略を手がけてきたStory Design house、両社のアセットを活かし、経営とコミュニケーションの両軸から、これからの時代を築く企業の事業成長のための支援に取り組みます。

今回のアライアンスによって、下記のプロジェクト及びソリューションの提供をスタートし、今後のさらなる事業協力に向けた取り組みを協議してまいります。第一弾の取り組みとして、10月23日にStory Design houseプロデュースによるイベントを開催致します。※イベントの詳細はこちらをご確認ください

①    ビジネスイノベーションに関するイベント事業
②    経営戦略、イノベーション創出に関するワークショップサービスの提供
③    経営視点でのコミュニケーションデザインのコンサルテーションサービスの提供

・X-TANKコンサルティングCEO 伊藤嘉明
「VUCA(Volatility(不安定)、Uncertainty(不確実性・不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性・不明確さ))という言葉に代表されるような不確実性の高い時代において、新たな事業部やスタートアップをコミュニケーションデザインの側面からサポートしてきたStory Design houseとアライアンスを組むことで、マーケティング、コミュニケーション、ブランディングの領域において実行性の高いソリューションを提供することが可能となりました。これからの時代の変化を逆に好機と捉える事で、クライアント企業にとって新たなビジネスの可能性を生み出すサポートをしていければ嬉しく思います。」

・Story Design house 株式会社 事業開発マネジャー 曽根圭輔
「これまで幾多の企業再生に成功してきたX-TANKとのアライアンスによって、市場環境変化や経営視点でのコミュニケーションデザインの戦略・実行をより高いレベルで提供することが可能となりました。これまで幾多の苦境に喘ぐ会社(事業部)をトップとして自ら改革、そして短期間で圧倒的な成果を生み出してきた伊藤嘉明氏は、疑いもなく日本を代表するプロ経営者の一人です。クライアント企業への新たな価値提供を通して、企業成長、事業成長により一層貢献して参ります。」