スクロール
case
癒しの鋸山マイクロツーリズムの整備による観光地再生事業 連携事業者

地域の魅力を多角的に発信し、認知度向上に貢献したコミュニケーションプランニング

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
癒しの鋸山マイクロツーリズムの整備による観光地再生事業 連携事業者
活動内容

・コミュニケーション施策
・メディアリレーション

実施期間
2022年1月~2月

千葉県安房郡鋸南町は、千葉県の内房地域に位置しています。日本遺産候補地に認定された「地獄のぞき」で知られる鋸山などの観光名所を有し、東京湾に面した漁港の町としても知られています。かつては地域の海岸も海水浴客で賑わっていましたが、2019年の台風15号被害やコロナ禍によって、観光業は大きな打撃を受けてしまいました。
そのような状況を打破しようと、地域の事業者が一体となり観光庁から認可を受け、観光地における二次交通の整備とビーチエリア再活性に向けた実証実験プロジェクトが、2022年に始まりました。Story Design houseはこの実証実験のPRやコミュニケーションプランニングを支援いたしました。

地域観光地再活性化を目指す実証実験を伝えるコミュニケーション施策

海岸の観光促進を目指す目的で実施されたビーチサウナイベント「海とサウナ」のPR支援をしました。プレスリリースやメディアアプローチによるパブリシティ活動に加え、ラジオ番組とのタイアップ番組企画や、インフルエンサーを活用したSNSマーケティングを通し、これまで接触のなかった層に地域の魅力を幅広く伝えました。

case_umitosauna_02

多角的な情報発信により新しい認知を獲得

当社のコミュニケーション施策によって、キー局や全国紙をはじめとするメディアにイベントの様子が取り上げられ、インフルエンサーを通したInstagram投稿では数千件を超える「いいね!」がつき、これまで鋸南町のことを知らなかった人々からも新たに認知を得ることができました。

・鋸南町の海岸沿いのビーチサウナイベント「海とサウナ」

case_umitosauna_03case_umitosauna_04case_umitosauna_05