スクロール
case
野原ホールディングス株式会社

BtoB企業の広報体制の構築に立ち会い、コアメッセージの開発、継続的な情報発信をサポート

ブランドマーク_野原HD-2

野原ホールディングス株式会社は、1598年創業、1947年設立という長い歴史を持っています。BtoB企業のため対外的な情報発信はあまり行ってきませんでしたが、ホールディングス化をきっかけに広報部を立ち上げ、発信力を強化しています。当社では広報部の立ち上げ段階からサポートし、打ち出すメッセージの設計、トピックスの整理などを行って認知拡大へのPR活動に貢献しています。

主要部署担当者にヒアリングを行い、メッセージの開発とトピックス整理

野原ホールディングスの事業領域は多岐にわたり、また新規事業も複数立ち上げています。まずは企業としての強みが何かを整理するため、主要部署へのヒアリングを実施。強みと発信すべきトピックスの整理を行い、メディアに向けてそれぞれ切り口を持ってアプローチを行いました。

メディアトレーニングを定期開催し、社内全体に広報視点を醸成

BtoC向けの新規事業が立ち上がったことを機に、各部署の広報マーケティング担当を集めた広報勉強会を開催しました。トレーニングを定期的に行うことで、部署ごとの広報ノウハウが形成され、社内に広報視点が定着していきます。広報部がヒアリングに回らなくても、それぞれの部署で発信トピックスを選定してプレスリリースを作成できるように、社内の仕組みを作っていきました。

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
野原ホールディングス株式会社
活動内容
  • ・PR施策のプランニング
  • ・メディア企画提案
  • ・メディアリレーションなど