スクロール
case
株式会社βace 「Minimal - Bean to Bar Chocolate -」

ブランドストーリーを伝え、メディアのファンを増やしたコミュニケーション戦略

case_minimal_01-2

「Minimal - Bean to Bar Chocolate -」は、原料の仕入れから商品の製造までを一貫して行う、ビーントゥバーチョコレートのブランドです。カカオ豆を買い付けるところから始まり、豆の選別・焙煎・摩砕・調合・成形という全工程をひとつの工房内で行います。Minimalの特徴は素材の良さを引き出す、引き算の思想。産地や種類、発酵の度合いによって異なるカカオの味や香りを楽しむことができます。新興ながらも世界の品評会で数多くの賞を受賞するなど、高い評価をうけています。
また「Life with Chocolate」というコンセプトで、コーヒー、紅茶、ウイスキーなどのペアリングや、音楽とあわせた楽しみ方など、チョコレートをライフスタイルに取り入れる提案を積極的に行っています。

ブランドを体験し、メディアにファンになってもらう発表会

当社ではクリスマスやバレンタインデーに向けたハイシーズンのPR支援を、Minimalの創業2年目から行っています。季節限定商品をメディアへ紹介するのに加えて、ブランドの強みである「味わい・香り」の違いを体験できる発表会を開催しました。発表会ではMinimal創業代表の山下氏から直接、ブランドにかける熱い思いと、徹底的にこだわった製法の両軸で発信し、ライフスタイル雑誌やカルチャー・フード系メディアなどで多数の掲載を獲得しました。

PB300582のコピーPC010759

ビジネスの切り口を新たに提案し、ブランド強化につなげる

ブランドの信頼・知名度向上に向け、ビジネス文脈でのメディア活動を展開しました。プロダクトの背景にある事業戦略やビジョンなどを訴求することで、一般的にはBtoC商材が扱われにくいビジネス系媒体での掲載を獲得。成長するフードベンチャーとしての認知拡大を実現しました。

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
株式会社βace 「Minimal - Bean to Bar Chocolate -」
活動内容
  • ・コミュニケーション戦略設計
  • ・メディアリレーション
実施期間
2015年~2019年