スクロール
case
株式会社ジャパンディスプレイ

新規事業部の立上げから、ストーリー開発と積極的な発信により企業全体のブランディングに貢献

スクリーンショット 2019-09-15 21.10.14(2)

株式会社ジャパンディスプレイ(略称:JDI)は、2018年4月に「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を想像し続ける」の理念の下、マーケティング・イノベーションを推進する新規事業部を発足しました。

当社では「中小型液晶ディスプレイ世界シェアNo.1のJDIが持つ技術力、それを駆使したプロダクト開発、そして自ら販売をする」というストーリーを「JDI Future Trip Project」として発信しました。その結果、JDIの開発技術にフォーカスを当てた記事や、今後の可能性に触れた記事掲載が増え、JDI史上最大のメディア掲載数を獲得しました。

新規事業部の開発ストーリーを発信。事業部発足の100日後に開催した発表会では、メディア150名が来場。

新規事業部の本格稼働に伴い、PRおよび商品開発のサポートを実施。事業部の発足したコンセプトやストーリーを設計すると共に、その後のメディアアプローチを実施しました。
事業戦略発表会では「First 100 Days」をテーマに、開発中のプロトタイプを敢えて発表。事業部発足から100日間の成果を開発ストーリーとして発信することで、商品開発のスピード感と、アイデアの質の高さを訴求しました。
新規事業部の活躍によってJDIが生まれ変わるというイメージを構築し、直後の新卒応募総数は例年の10倍を超えました。

DSC00206

さまざまな角度からメディア掲載機会を創出し、事業部の立ち上げに貢献

メディアアプローチでは、プロダクト責任者へのインタビューなどに加え、継続的な掲載獲得のための仕掛けづくりを行いました。
社内外から広く参加者を集めた商品開発アイディアソンの開催や、プロダクト開発におけるアライアンス締結など、メディア掲載を狙ったトピックスを仕掛けていきました。また、コーポレートムービーや新入社員インタビュー動画などを作成し、社内向けのインナーブランディングも行いました。

 

Webサイト制作では、「五感」を感じる構成を提案しました。
"JDI Future Trip"プロジェクトのミッションは、テクノロジーの進歩によってディスプレイというプロダクトの可能性が広がるなかで、見、聞き、触れ、香り、味わえるインターフェイスを開発するというものです。五感をテーマにした動画制作も行い、キービジュアルとして使用しました。
イベント、Webサイト、動画を一貫したテーマで表現し、プロダクトの方向性を作ることに貢献しました。

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
株式会社ジャパンディスプレイ
活動内容
  • ・新規事業成長のためのストーリーデザイン
  • ・PR戦略プランニング
  • ・事業戦略発表会、記者会見の企画・運営
  • ・露出を高めるためのメディア企画提案、メディアリレーションなど
実施期間
2018年4月〜2019年6月