スクロール
case
白鷺ニット工業株式会社「HAKURO」

HAKUROのブランド戦略:基礎化粧品を選ぶように肌着を選ぶ

白鷺ニット工業の初のD2Cブランド「HAKURO」は、大人の女性の肌に寄り添う”肌着”をコンセプトにしています。当社では、ブランド戦略、PR・マーケティング、クリエイティブ制作など、総合的な支援を行っています。
 インナーウェアの市場には、ワンエイジで大衆化された製品が多く流通していますが、年齢によって肌の水分量や皮脂量などは変化します。「HAKURO」は、肌の変化を感じはじめた大人の女性に向けて、肌への心地よさを追求する”肌着”を提供しています。基礎化粧品を選ぶように肌着を選んでもらうという、新しいコンセプトを提案するブランドとして立ち上げました。

アンケートでわかった、肌着は選ばれていない現実

 新ブランドの立上げに際して、まずはアンケートを実施しました。肌着、つまりインナーウェアは量販店や大手スーパーで季節ごとにまとめ買いを行っているケースが多く、「なんとなく、これでいい」と肌着を選んでいる方が多くいることがわかりました。
 肌着は人が生まれてから長く寄り添う存在であり、特にスキンケアを考えたときには肌着にもこだわるべき、という想いがあり、ディスカッションを重ねて「大人の女性の肌に寄り添う」というコンセプトが固まり、ペルソナ設定、商品開発へと進んでいきました。

肌のために肌着を選ぶ。それを伝えるために複数のオウンドメディアを活用

 商品開発と合わせて、コミュニケーション戦略も設計していきました。定めたペルソナに合わせて接触するメディアを検討し、まずはブランドの想いに共感するファンの獲得をめざして、正式ローンチ前の2019年12月にMakuakeにてクラウドファンディングを実施。30万円の目標額は約1日で達成し、最終的には167万円、143名の支援を受けることができました。Makuakeでの実績を元に、地元紙、全国紙でのメディア掲載も獲得。

 現在はブランドの想いや、肌への考え方を提案するブログメディアnoteでも記事を定期的にアップし「肌のために肌着を選ぶ」という想いをターゲットに届けています。

参考:
・Makuake(クラウドファンディング) https://www.makuake.com/project/hakuro

・note(ブログサービス) https://note.com/hakuro_wear

・HAKUROの全体戦略:D2Cブランドの立上げ
HAKUROのクリエイティブ:統一された世界感で、心がときめく「体験」を届ける

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
白鷺ニット工業株式会社「HAKURO」
活動内容
  • ・ブランド戦略
  • ・クリエイティブディレクション
  • ・PR、マーケティング
実施期間
2019年~