スクロール
case
大豊建設株式会社

想いとともに経営戦略を届ける、メッセージ動画を制作

大豊建設株式会社は、昭和24年(1949年) に設立した建設会社です。地下に構造物を安全・確実に造るニューマチックケーソン工法や、トンネルなどを掘る泥土加圧シールド工法を得意とし、長く業界をけん引してきました。社会インフラを支える企業として磨いてきた技術力をベースに、人材育成と技術伝承で企業価値の向上にさらに取り組んでいます。

当社では、大豊建設の中期経営計画資料のストーリー設計と、資料のデザイン刷新を支援しました。こちらの事例記事もあわせてご覧ください。
IR資料の既存フォーマットを刷新 中期経営計画のストーリーとデザインを設計

社長自らのコメントで、企業メッセージを力強く伝える

新型コロナウイルス感染症の外出自粛要請をうけ、大豊建設は予定していた決算説明会を中止とし、資料をウェブサイトで公開する形の発表としました。本タイミングで大きく刷新した中期経営計画をより効果的に伝えるために、当社では中期経営計画を説明する動画コンテンツを制作しました。

制作にあたって意識したのは、単に経営計画を説明するだけではなく、事業成長にかける経営層の想いを伝えることです。ナレーションは用いず、社長自らプレゼンテーションを行いました。
動画のオープニングは、既存の写真や動画素材に音楽を組み合わせ、大豊建設の事業や社員の雰囲気が分かるよう演出しています。オンライン発表でも意図が正しく伝わるよう、タイトルの入れ方、スライドの出し方、強調の仕方、映像の見せ方など、議論を重ねながら制作しました。

最初の打合せから納品までの制作期間は約2週間。対面での打合せを実施しにくく、公開までの時間も限られている状況下でしたが、台本やカット割りを細やかに設計し、スピード感のある納品を実現しました。

参考

大豊建設株式会社 中期経営計画(2020-22年度)説明動画

 

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
大豊建設株式会社
活動内容
  • ・発表映像制作

実施期間
2020年4月~5月