スクロール
case
三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部「31VENTURES」

新ファンド発表で2部構成のオンラインイベントを企画・運営

三井不動産株式会社は、2015年にベンチャー共創事業部(31VENTURES)を立ち上げ、CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)1号の設立など投資事業を進めるとともに、スタートアップとの新産業に向けた共創を推進してきました。

2020年9月のCVC第2号ファンド設立に伴い、当社では、記者発表会とオンラインイベントの企画・制作・運営を行いました。2号ファンドの発表に合わせて、これまでの投資実績や施策・戦略を語る場を設け、あらためて31VENTURESの活動を広く伝えていくことを狙って2部制のイベントを企画しました。

Zoomを活用したオンライン記者発表会

第1部では、メディアに向けて投資戦略を説明する記者発表会を開催しました。記者発表会は、Zoomのウェビナー機能を利用してオンライン配信を実施。質疑応答では記者との口頭での質問と、チャット機能による質問のどちらにも対応できるよう準備し、オンライン会見でのスムーズなコミュニケーションを実現しました。

収録とライブ配信を組み合わせたオンラインイベント

記者発表会の同日夜に開催したオンラインイベントは、YouTube live で配信。これまでの多くの取り組み実績を90分という短時間で訴求するために、スタジオのライブコンテンツと、収録コンテンツを組み合わせ、テレビ番組のようなプログラムを企画しました。

31v_mf02

31v_mf-2ライブだけではなく収録したことで、多くの関係者の声を反映でき、関連映像や説明なども丁寧に織り交ぜることで視聴者にとってより理解しやすいコンテンツに仕上げました。

さらにライブ配信では、YouTubeに寄せられた視聴者からの質問に、スタジオ出演者がその場で回答するなど、インタラクティブなイベントを設計しました。

31v_mf03イベント終了後には、視聴者によるラフな質問などを受けられる楽屋裏トークの時間を設け、リアルイベント後のような余韻づくりを仕掛けました。

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部「31VENTURES」
活動内容

・コミュニケーション戦略の立案

・戦略発表のシナリオ作成

・メディアアプローチ

・イベントの企画・運営

・クリエイティブの企画・制作