スクロール
case
三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部「31VENTURES」

部署のロゴ・サイト制作から携わり、認知拡大に向けて一貫したコミュニケーション戦略を展開

Prev Next

三井不動産株式会社は、本業強化と事業領域の拡大に向けて、2015年にベンチャー共創事業部を設立しました。ベンチャー共創事業部は、スタートアップ向けオフィスの運営や、三井不動産の幅広い商圏と多岐にわたる事業領域をいかし、「資金」「コミュニティ」「支援」の 3 本柱でスタートアップとの新産業の共創を推進しています。CVC出資にとどまらない、積極的なスタートアップとの協業に取り組んでいます。

「31VENTURES」の名称開発とWebサイト制作で、新規事業部のスタートダッシュを支援

当社ではベンチャー共創事業部の設立時から広報サポートを担い、ベンチャー市場での三井不動産の認知を拡げていくために「31VENTURES」という名称を共同で開発しました。また部署のWebサイトの企画・制作を行いながらブランドの基礎を固め、定期的なコラム記事制作を通して 31VENTURESの活動を発信しています。

スタートアップとの協業支援事例を戦略的に発信し、独自のブランドを確立

31VENTURESはスタートアップとの協業にも積極的に取り組んでいます。協業事例をまとめた企画書を作成してメディアに紹介するアプローチ活動のほか、当社サイトでコラム記事の発信も行いました。CVC立上げ時や、スタートアップオフィスのリニューアルなどの機会では記者発表会を開催し、31VENTURESの総合力を伝えています。

  • strategy
  • PR
  • creative
CLIENT
三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部「31VENTURES」
活動内容
  • ・PR施策のプランニング
  • ・ロゴデザイン
  • ・ウェブサイト制作
  • ・発信コンテンツ作成
  • ・メディア企画提案、メディアリレーション
  • ・各種発表会の企画運営
実施期間
2015年〜